最近流行りの電脳せどり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
amazon-447034_640

はじめまして!

このブログでは、副業ビジネスの1つ「せどり」について紹介します!

そもそもせどりとは安く仕入れた商品を別の場所で高く売り、その利ざやを得ることをいいます。なんだか難しく思うかもしれませんが、簡単なことです。

皆さんはお店で商品を購入する際に店舗での価格とネットの価格をスマホで比べたことはありませんか??

iphone-410324_640
なるべく安く手に入れようとするというその考え方がまんませどりに繋がるわけです。つまり、そこより安いところで商品を購入して、それを別のところで普通に売れば、それだけで利益を得ることができるわけです。なので、せどりって普段の買い物の応用みたいな感じなんですよ??

電脳せどりという新しいせどり方法

でも、残業で忙しいのに少ない時間でせどりが出来るの?と思う方も居ると思います。

現在は「電脳せどり」というものがあります。

通常のせどりは実店舗(ブックオフ等)に向かい中古の本を購入し(仕入れ)
その購入した商品をネット上の自分のお店(Amazon、ヤフオク)で販売するものです。

電脳せどりは逆にインターネットのショップで仕入れを行います。
販売は通常と一緒で自分のお店で販売します。

電脳せどりは楽チン

電脳せどりは仕入れをネット、そして販売もネットで行うので、自宅から一歩も外に出ることなく仕入れから販売までができるわけです。

amazon-447034_640
このように仕入れをするために自宅から出なくても出来るのでちょっとした時間にせどりをすることが出来るのが魅力ですね。そして、最近のせどりというとこの電脳せどりが主流になっています。Amazon輸入や輸出、さらにはメルカリせどりなんて言葉もありますが、これらすべてが仕入れから出品までをすべてネットで完結してるんですね。なのですべて電脳せどりと呼べるわけです。

電脳せどりの欠点

逆に電脳せどりのデメリットとして、仕入れ需要過多になる傾向があります。

merucariネットというのは、実店舗仕入れとは異なり、誰もがサイトさえ知っていればアクセス、仕入れができます。実店舗はそこに行かなければ仕入れはできません。なので、仕入れをする人で溢れかえってしまうんですね。

数年前に爆発的に電脳せどり人口が増えた時はこの仕入れ需要の過多により、もうせどりは稼げない…とまで言われていました。しかし、最近はみなさんの御存知の通り、ネットショップもAmazonの独擅場ではなくなり、新たな市場であるメルカリなどのフリマアプリ系も登場しています。今後もまた新しい市場も出てくるので、最近はまた電脳せどりが稼げる!!といわれているわけです。

まとめ

電脳せどりで仕入れをするのにはコツがいります。というのも1つ1つの商品の価格差を調べていたらそれこそキリがないからです。また今までは『仕入れはどこでもOKだけど、出品するのはAmazon』というのがせどりの常識でしたが、これも最近は揺らいでいます。Amazonよりもいい売り先が出現してきているのです。

そんな目まぐるしく動いている現在のせどり事情ですが、今後このブログで電脳せどり仕入れなどのノウハウなどを紹介していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。